[PR]

 県は31日、新型コロナウイルス感染で県内で5カ所目となるクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。県内では新たに20人の感染が確認された。

 県がクラスターと認定したのは富士市吉原のクラブ「アルテミス」で、同市と沼津市に居住する同店関係者2人の感染が判明した。さらに関係者3人の検査結果も陽性で、1日に正式に発表するという。県は同店を7月24日~26日に利用した人に、富士保健所に連絡するよう呼びかけた。

 浜松市では11人の陽性が確認された。クラスター関連は6人で、キャバクラ「ブリリア」関連の同居者2人、知人と友人が4人。同居者の1人は市立学校に通う女性。市教委はこの女性が通う学校を31日に臨時休校とした。同日は終業式が行われる予定だった。同級生や教師ら約60人にPCR検査を実施するという。

 静岡市では1人の感染が確認された。

 このほか6人の感染が分かった。うち2人は島田市居住で、29日に陽性が判明した患者の濃厚接触者。1人はクラスターが発生した熱海市の「音楽カフェ ビバはうす」の感染者の家族の知人。

 県内のクラスター発生場所は富士市のほか熱海市と浜松市が2カ所ずつとなっている。(中村純、須田世紀)