[PR]

 四つの市民襲撃事件に関わったとして、殺人罪などに問われた特定危険指定暴力団・工藤会の最高幹部2人の第53回公判が31日、福岡地裁であった。トップの総裁、野村悟被告(73)に対する初めての被告人質問で、検察側が元漁協組合長射殺事件を起こしたとみる傘下の組の運営について、組長だった野村被告は「若い者にすべて任せていた」と自身の関与を否定した。

 事件は1998年2月、北九州市の路上で発生。元漁協組合長の男性(当時70)が頭などを撃たれ死亡した。実行役らは傘下の組に属しており、すでに有罪判決が確定している。

 野村被告は事件への関与や指示、命令については「ありません」と否定。事件を起こすことへの承諾をしたかという問いにも「ありません」と答えた。元組合長との面識については「名前ぐらいは聞いたことはある」と語った。

 元組合長が市内のクラブで組員風の男らを連れた野村被告と鉢合わせ、元組合長があいさつせず退店してトラブルになったとの証言については「若い者を連れて入ることはありません」と否定。「雰囲気が崩れて店の邪魔になる。私も楽しくないから連れて行きません」と述べた。

 一方、組織のナンバー2で会長…

この記事は有料会員記事です。残り1970文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1970文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1970文字有料会員になると続きをお読みいただけます。