[PR]

 低気圧や前線の影響で1日、東日本の太平洋側で大雨となる地域があると予想されている。気象庁によると、東海の一部では記録的な雨になるおそれもあり、各地での土砂災害への厳重な警戒を呼びかけている。

 静岡市では1日午前5時までに、多い地点で287・5ミリの降水量を観測した。静岡県の山間部では、降り始めからの総降水量が600ミリに達する見込みで、1日午前6時からの24時間降水量は、静岡県の多いところで200ミリと予想されている。

 関東甲信でも、1日午前は非常に激しい雨が降るところもありそうという。