[PR]

 全日本空輸(ANA)が、創業時に使ったヘリコプターを東京都大田区に設けた総合研修施設「ANA Blue(ブルー) Base(ベース)」内に移した。いったん分解して組み立てる様子を報道機関に公開した。

拡大する写真・図版ヘリコプターに「足」を取り付ける作業。ベテランの整備士が若手に助言していた=東京都大田区

 ANAは1952年、「日本ヘリコプター輸送」として、ヘリ2機で事業を始めた。今回のヘリは、そのうちの1機だ。

 米ベル・エアクラフト社から購入し、農薬の散布や報道、救命活動、山間部の高圧電線の架設作業などに70年まで使った。いったんは都内の交通博物館に寄贈したが、2008年にANAが引き取り、大田区内にある別の施設で保管していた。

 今回は、メインローターやマス…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら