[PR]

 文部科学省は1日、大学の博士課程の学生ら1497人に対し、全員分のメールアドレスが本文に掲載された状態でメールを送信するミスがあったと発表した。氏名や生年月日などの情報は含まれていなかった。学生数名から指摘があり、発覚した。

 文科省科学技術・学術政策研究所によると、送信ミスがあったのは、研究状況を調べるための博士人材データベースに登録されていた学生らのアドレス。新型コロナウイルスの影響を尋ねたアンケートで、事務作業を委託されていた民間事業者が6月30日、誤配信したという。