[PR]

スポーツ好奇心

 今年4月、関西ラグビー協会の会長に元日本代表監督の萩本光威氏が就任した。現役時代に1987年の第1回ワールドカップ(W杯)に出場し、神戸製鋼の日本選手権7連覇にも貢献したスクラムハーフ。経験にもとづく抱負や関西ならではの展望を聞いた。(大坂尚子)

 ――昨年、W杯が盛り上がりました

 日本代表の活躍が一番人気を呼んだ。世界のラグビーの迫力だとかスピードもじかに感じたんじゃないかな。あと大きいのは世界のラグビーのサポーターのあり方。敵味方分かれた応援でなく、試合前、試合後も友好、健闘をたたえあっている。ノーサイドの精神だね。今まで日本のラグビーの中でもそこまでの応援の仕方がなかったものが見られて、経験できたのが大きいと思う。

 ――萩本さんはW杯の第1回大会に出場されています

 (日本は)招待出場だった。米国にはペナルティーゴールを外しすぎて負け、イングランドには大敗。豪州に善戦して、何となく頑張ったみたいな感じで帰ってきた。W杯をやっていたって知らん日本人も多かったんちゃうかな。当時と今は全然違う。うれしいよね。

 ――トップリーグ(TL)も盛況。神鋼の試合はほぼ満員が続きました

 「にわかファン」はまず、開幕の神戸製鋼―キヤノンで田中(史朗)や田村(優)が見たかっただろうし、神鋼側なら山中(亮平)や(中島)イシレリだった。それでええわけよ。あとは試合を重ねるにつれて、神鋼はボールが動くめっちゃ面白いラグビーをしていた。

 ――盛り上がったが、新型コロナの影響で打ち切りになってしまいました

 また来季TLが始まった時に、好カードに2万人ぐらいは入ってほしい。関西協会内には多くのTLのチームや下部のチームがある。神鋼やトヨタ、ホンダやトップチャレンジ(2部相当)のマツダなど……。ファン獲得のためにできることを考えないといけない。

 ――このラグビー人気をどう持続させますか

 (W杯直後のTLが)不完全燃…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら