[PR]

 車もいよいよネットで買う時代? コロナ禍を逆手に取り、マツダが北米で新車のネット販売に取り組んでいる。メキシコでは当局の規制強化で販売店の営業ができなくなった間も、一定の台数を売ることができた。日本でも根付く可能性はあるのだろうか。

 マツダは米国の一部で昨年4月からネット販売を始めた。お客はオンラインでカーローンの審査や車両の登録に必要な情報を入力する。完了後に最寄りの販売店に車を取りに行くか、自宅まで届けてもらう。

 米国では広い店に新車の在庫をたくさん並べ、大半のお客は買った車にそのまま乗って帰るという。マツダは平均で4時間前後かかる店での手続きを短くするため、事前にオンラインで済ませるシステムを一部店舗で試験導入していた。だが、多くの販売店がコロナ禍で客を呼べなくなり、そうした店にも前倒しで活用してもらうことにした。全米の4割の販売店で、ネット販売ができるという。

 同様のシステムを導入したメキ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら