[PR]

 2000年以来、新潟県民に親しまれてきたラジオ局「FM PORT(ポート)」が6月30日、閉局した。放送地域の狭いコミュニティーFMを除く民放局の「停波」は全国2例目だ。放送が途絶えるその瞬間まで、リスナーも出演者も、新潟の文化に刻んだ足跡を振り返り、別れを惜しんだ。

 「FM PORTは本日24時をもって閉局いたします。開局から19年と6カ月での閉局は大変残念ですが、これまで新潟県民エフエム放送、愛称『FM PORT』を愛していただいたリスナーの皆様に、改めて感謝申し上げます。本当にありがとうございました。JOWV―FM、JOWV―FM、こちらは新潟県民エフエム放送、FM PORTです。リスナーの皆様、ありがとうございました」

 最後の音声の後に10秒あまり続いた無音。そして、6月30日が終わると、ラジオは「ザー」という雑音しか発しなくなった。

 その時、FM PORTが入る新潟市中央区のビルの前にはリスナー40人以上が集まっていた。雨の音しかなくなった中、スタジオに向けて手を振り続けた。

 「(FM PORTは)まさに…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら