[PR]

 将棋の高校生棋士・藤井聡太七段(17)がタイトルを狙う第61期王位戦七番勝負(新聞三社連合主催)の第1局が1日、愛知県豊橋市のホテルアークリッシュ豊橋で始まった。昨年に史上最年長で初タイトルを獲得した木村一基王位(47)との「30歳差」勝負は木村王位が54手目を封じて1日目を終えた。2日午前9時に再開される。

 対局は午前9時に開始。振り駒で先手になった藤井七段は夏らしく淡い色彩の和服姿。46歳3カ月で王位を奪取し、「中年の星」と称される木村王位は紺を基調にした和服姿。いずれもマスク姿で臨んだ。

 会場は、ホテル内の挙式場「音楽堂」。約69平方メートルのスペースがあり、多い時期で月に約40組が式を挙げる。

 オルガンやハープといった楽器…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら