[PR]

 あおり運転の厳罰化を盛り込んだ改正道路交通法が施行された。埼玉県内ではこれまで、刑法などが適用された悪質な事例は少なかったが、あおり運転に類する道交法違反は後を絶たない。法改正を受けて県警も啓発に乗り出している。

     ◇

 改正道交法は「車間距離不保持」や「急ブレーキ」など10の行為のうち、「他の通行を妨害する目的で交通の危険を生じさせるおそれのある方法でなされた行為」を「妨害運転罪」として取り締まり対象とした。違反者には3年以下の懲役または50万円以下の罰金が課せられる。

 高速道路で他の車を止めさせるなどの著しい危険を生じさせた場合は5年以下の懲役または100万円以下の罰金で、いずれも一度の違反で免許取り消しの行政処分もなされる。

 県警が「あおり運転関連」とし…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら