[PR]

 野生生物の国際取引が、生き物たちを危険にさらしている。ペットや装飾品、薬などの目的で国境を越える生き物の中には絶滅危惧種も多く、密輸も横行している。

 アメリカの研究者らは「野生生物取引は数十億ドル規模の産業で、種を絶滅に追いやる」として昨年、米科学誌サイエンスに、陸上の脊椎(せきつい)動物の国際取引についての論文を発表した。(https://www.doi.org/10.1126/science.aav5327別ウインドウで開きます

拡大する写真・図版日本に密輸されたこともあるコモンマーモセット(C)TRAFFIC

 ペットや装飾品などのための野生生物の需要が膨らんでいる。合法、違法を問わず多くの取引が行われている。

 研究チームは、ワシントン条約の対象種と、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに掲載されている生物のうち計3万1745種を調べた。18%にあたる5579種が取引されていた。これまでに推計されてきたより4~6割多いという。

 そのうち鳥類が2345種、哺…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら