[PR]

 207日ぶりの女子ゴルフ大会となるアース・モンダミン杯(千葉・カメリアヒルズCC)が29日に終わった。「大器」と期待されながら、大スランプに苦しんだ渡辺彩香が5年ぶりに優勝を飾り、胸を打たれたゴルフファンも多かっただろう。

 コロナ禍で歴史的な4日間の大会を、記者は会社や自宅のパソコン画面の前で「観戦」していた。

 無観客よりも規制の厳しい非公開での開催。コース内への立ち入りを許可されたメディアは、インターネット中継に携わった制作会社だけだった。新聞やテレビ各局はユーチューブによるインターネット中継で観戦し、プレー後の選手には、ウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」を通じた記者会見で話を聞いた。

 記者としては、はがゆい4日間だった。だが一方で、大会側の強い覚悟を感じさせられた一戦だったことも、また事実だ。

 入場者全員のPCR検査を含め…

この記事は有料会員記事です。残り458文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り458文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り458文字有料会員になると続きをお読みいただけます。