[PR]

 香港が中国に返還されて23年を迎えた1日、「香港独立」を主張したデモ参加者が「香港国家安全維持法」違反容疑で相次いで拘束された。中国からの独立を求める動きは許容しないという中国政府の強い意向が明らかになる一方、頭ごなしに決められた国安法に対する香港市民の強い怒りや不満も示された。

 1日午後、香港島の繁華街、銅鑼湾(コーズウェイベイ)には、民主派による抗議デモの呼びかけに応じた市民が集まり、現場は身動きするのが難しいほどになった。

 「香港独立」を主張し逮捕される人が出たが、香港独立を訴える旗や米国の国旗を掲げる市民はこれまでより減った。国安法の施行で拘束されるリスクが高いと判断し、控える動きが広がったとみられる。

「一国二制度は終わった」

 「香港の独立」を口にする人も…

この記事は有料会員記事です。残り1386文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1386文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1386文字有料会員になると続きをお読みいただけます。