拡大する写真・図版記者会見する北大総長選考会議議長の石山喬氏=2020年7月1日午後2時7分、札幌市北区

[PR]

 職員らへのパワーハラスメント問題で北海道大学総長の名和豊春氏(66)が30日付で解任されたことを巡り、大学が1日、記者会見を開き、解任に至った理由を説明した。総長不在が続いた1年半もの間、会見などで説明しなかったことについても釈明した。

 会見は解任を文部科学省に申し出た、総長選考会議の石山喬議長(日本軽金属ホールディングス元会長)や、総長代行を務める笠原正典副学長らが行った。

 大学によると、理事は2018年初めに、名和氏の教職員への不適切な言動を把握。注意したが、その後も行為は続いた。選考会議は11月に外部弁護士3人による調査委員会を設置。調査委は関係者への聞き取りや録音データなどで34件の非違行為を指摘した。

 これを受け、選考会議は19年5~6月に名和氏から意見を聴き、30件を事実認定。「コミュニケーション能力に乏しく、役職員との信頼関係は修復不可能」と判断し、文科省に解任を申し出た。文科省は28件を確認し、解任を決定した。

拡大する写真・図版北海道大学=2020年7月1日午後3時53分、札幌市北区

 不適切行為の対象は理事や教職…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら