[PR]

 滋賀県と県教育委員会は1日、無料通信アプリ「LINE」を使って子どもと保護者からの悩み相談を受け付ける実証実験を始めた。電話や面談では相談しにくい人からの手段として活用の可能性を探る。相談者が寄せる文章から緊急度を判断するシステムの有効性も検証するという。16日まで。

 県によると、対象は県内在住の子どもと保護者。受付時間は午前9時から午後9時で1人1日1回、約30分間を目安とする。相談は無料。土・日曜日も受け付ける。

 相談は学校や友だち、いじめ、子育ての悩みなど内容は問わない。臨床心理士やスクールカウンセラーら有資格者4人が相談員となり、一対一で応じる。

 相談者の秘密は守るが、内容に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら