[PR]

 自宅敷地内に乳幼児を埋めたとして、北海道警は2日、旭川市永山4条3丁目、いずれも無職の京田陵(38)と妻の麻理乃(36)の両容疑者を死体遺棄の疑いで逮捕し、発表した。道警は両容疑者の認否を明らかにしていない。乳幼児が両容疑者の実子の可能性があるとみて調べている。

 逮捕容疑は、夫婦が自宅敷地内の屋外の地中に乳幼児を埋めたというもの。乳幼児は性別不明で出生直後ではないとみられ、道警は司法解剖して調べる。

 道警によると、旭川東署員が6月29日朝、乳幼児のきょうだいとみられる未就学児2人を旭川市内で見つけて保護した。自宅に送り届けた際、家族構成などに不審な点があったため、1日に両容疑者から任意で事情を聴いたところ、「遺体が埋まっている」という趣旨の供述をしたという。1日夜、乳幼児の遺体が見つかったという。