拡大する写真・図版気候行動サミットで演説したスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリ=2019年9月、ニューヨークの国連本部

[PR]

 「未来がなくなるなら、なぜ勉強しないといけないの?」

 スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリは2018年夏、そう考えて授業をボイコットし、気候危機対策を訴える「気候ストライキ」を始めた。当時15歳。衝撃を受けた世界中の若者が「フライデーズ・フォー・フューチャー(FFF)」と呼ぶ抗議活動でつながっていく。波は日本にも。

 「うわっ。年下なのに」

 18年暮れ、東京都内の大学に通う小出愛菜(あいな、22)はツイッターで英BBCの取材に答えるグレタを見つけ、驚いた。

 海外では「グレタに続け」と大…

この記事は有料会員記事です。残り1060文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1060文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1060文字有料会員になると続きをお読みいただけます。