[PR]

 トヨタ自動車が在宅勤務の制度を拡充することがわかった。新型コロナウイルスの感染防止のため特例措置をとっていたが、9月から制度化し、利用できる対象を広げる。一定の出社義務もなくす方向だ。

 トヨタは従来、在宅勤務の対象を事務部門などで一定の役職以上の社員らに限定していたが、新型コロナの感染拡大を受け、その範囲を特例で広げていた。

 新たな制度では、特例扱いだった事務職や技術職の若手、育児や介護で時短勤務中の社員らにも在宅勤務を認める。週2時間の出社義務も撤廃し、柔軟な働き方ができるようにする。これまで在宅勤務が難しかった工場勤務者にも導入できるか、労使で検討するという。(石塚大樹)