[PR]

 リーグ屈指のアイデアクラブは、無観客試合でもオモシロ企画が満載だ。新型コロナウイルスの影響で中断していたサッカーJ1リーグが4日、約4カ月ぶりに再開する。無観客でいかにサポーターを楽しませるか。各クラブが頭を悩ませる中、数々のユニークなイベントを手がけてきた川崎は思い入れの深いアイテムで勝負をかける。

拡大する写真・図版4日の鹿島戦では、サポーターの顔写真がデザインされた水色のおけがスタンドに並ぶ予定=川崎フロンターレ提供

 「『桶(オーケ)ストラシート』販売のお知らせ」。再開まで2週間を切った6月22日。7月4日のホーム鹿島戦に向けて川崎が売り出した「座席」だ。サポーターから顔写真のデータを受け付け、それを水色の風呂おけに貼る。そのおけをスタジアムの空席に並べるという仕組みだ。1個3千円で400席を募った。

 前代未聞とも言える企画。ただ、川崎と言えば、いまや、おけは名物なのだ。

拡大する写真・図版2017年にJ1初優勝を飾り、風呂おけを掲げて喜ぶ小林(手前)ら川崎の選手たち=関田航撮影

 クラブは2010年から、川崎…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら