[PR]

 大阪市の松井一郎市長は2日、東京都の感染者が100人超となったことについて、「3桁は厳しい状況。自粛要請期間が終わり、東京と大阪は相互にどんどん往来している。対岸の火事ではない」と記者団に語った。大阪府内の感染状況は落ち着いた状況が続いているが、感染拡大が飛び火しかねないとの危機感を示した。

 松井氏は、東京都が定めた「次の波」を警戒するための新指標についても言及。「(感染が)増えてきた時にどう対応したらいいか、具体的なガイドラインがまとまっていないことが東京都民を余計に不安にさせている」と指摘。「うつさない、うつらないための行動指針づくりに、東京都として取り組んでもらいたい」と注文をつけた。