[PR]

 大垣市墨俣町墨俣の「墨俣一夜城」(市墨俣歴史資料館)の入館者が100万人に達したことを記念し、登城記念証となる「御城印(ごじょういん)」の販売が1日から始まった。木下藤吉郎(豊臣秀吉)が城を一夜にして築いたと伝わることから、秀吉の馬印に使われたひょうたんを水墨画であしらった。

 御城印は、寺社に参拝した証しとなる御朱印のお城版。県内でも岐阜城(岐阜市)や郡上八幡城(郡上市)などで販売され、城巡りを楽しむ人たちに親しまれている。

 墨俣一夜城は1991年4月に開館。今年6月6日に入館100万人を達成した。御城印は縦15センチ、横10センチで職人手すきの美濃和紙を使用。「墨俣一夜城」と印字され、「秀吉出世の地」の朱印が押されている。

 大垣市では、2017年7月か…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら