[PR]

 新型コロナウイルスの感染第2波に備えるため、県は店舗やイベントでクラスター(感染者集団)が発生したか、その可能性がある場合、スマートフォンなどを経由して利用者に知らせる追跡システムを10日から導入する。

 追跡システムの利用は任意で、参加を希望する店舗やイベント運営者はあらかじめ県のシステムに登録してQRコードを入手し、店先や会場に掲示する。来店者や入場客はQRコードをスマホなどで読み取り、LINEのアカウントかメールアドレスをシステムに登録する仕組みだ。

 クラスターが発生した場合、「あなたが○月○日に立ち寄った○○においてクラスターが発生」、クラスター発生の恐れがある際は同様に日付と施設名を明示して「陽性者の利用が判明」というメッセージを県が送る。原則として1人でも陽性者が出た場合を想定している。

 同様の追跡・通知システムは大阪府や京都市で運用が始まっている。しかし、クラスターが発生する前の注意喚起段階では、風評被害の恐れがあることなどを理由に施設名などは知らせていない。

 兵庫県が日付と施設名を通知することについて、県の担当者は「日付や場所を特定した方が利用者は感染拡大に向けた行動がとりやすいだろうし、不安感を持つ人が減るのでは」と狙いを説明する。

 また、こうした通知とあわせ、後に感染が判明した場合に備え、毎日の行動を記録するよう促す。さらに、体調に不安がある際や息苦しさなどの症状がある場合は専門機関に相談することも勧める。

 既に宝塚大劇場(宝塚市)や神戸どうぶつ王国(神戸市)のほか、複数のライブハウスなどがシステムへの参加を決めたか、参加の検討を始めているという。また県は運用を始める10日、店舗や利用者からの相談・苦情に応じるコールセンターを設ける予定だ。(青瀬健)