【動画】石鎚山のお山開き大祭 コロナ禍で異例の少人数で実施=柳川迅撮影
[PR]

 西日本最高峰の石鎚山(1982メートル)のお山開き大祭が1日、始まった。今年は新型コロナウイルスの感染防止のため、神職と地元の氏子総代ら少人数での実施となった。

 お山開き大祭は西条市西田の石鎚神社本社の「仁」「智」「勇」の3体のご神像を7月1~10日に山頂の頂上社で祭る神事。例年は前日に中腹の成就社に運び上げられたご神像を約300人の信徒が頂上社へ運ぶ。今年は神職3人と地元の氏子総代ら4人、随行の信徒3人の計10人が成就社を出発。「ナンマイダー」と声を張り上げながら山頂を目指した。

 3カ所ある難所の鎖場では例年、ご神像を背負った信徒を大勢がロープで引っ張り上げる。今回は少人数のため3カ所とも迂回(うかい)する予定だったが、頂上直下の「三の鎖」だけは「本来の参道を通って登りたい」と、神職3人がご神像を背負って登った。

 頂上での神事が無事に終わると…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら