[PR]

 米海兵隊のオスプレイ4機が、6月29日に厚木基地(神奈川県綾瀬市、大和市)に飛来したことがわかった。両市などが確認した。基地監視団体リムピースは、市街地上空で、プロペラを斜め上に向けた「転換モード」や、ヘリコプターのように上空に向けた「ヘリモード」にして飛んだと指摘し、「危険な飛行だ」と批判している。

 両市によると、4機の飛来や駐機を目視で確認。リムピースも飛行を目撃し、普天間飛行場(沖縄県)配備のMV22で、今月1日まで離着陸を繰り返したとしている。

 飛行モードについては、2012年の日米合同委員会の合意で、運用上必要な場合を除き、米軍の施設や区域内に限ってヘリモードで飛行し、転換モードでの飛行時間をできる限り限定することになっている。

 リムピースによると、29日午…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら