[PR]

 昨年7月の参院選をめぐり、前法相で衆院議員の河井克行容疑者(57)と妻で参院議員の案里容疑者(46)が公職選挙法違反(買収)容疑で逮捕された事件で、克行議員からの現金受領を一転して認めた広島県安芸高田市の児玉浩市長(57)が3日、辞職した。一方で次回市長選への立候補については明言を避けた。事件をめぐり辞職した首長は、安芸太田町長、三原市長に続き3人目。

 安芸高田市は安芸太田町とともに、克行議員の選出区である衆院広島3区内の自治体のひとつ。克行議員が現金を持参してきたと同様に明らかにした安芸高田市議会の先川(さきかわ)和幸議長と水戸真悟副議長も3日、議長職と副議長職を辞した。

 安芸高田市議会は3日午前に臨時議会を開き、全会一致で同日付の辞職に同意した。議場での質疑はなく、児玉市長は閉会後の取材に、「市政を混乱させ、市民にご迷惑をかけ、深くおわびする」と謝罪。しかし出直し市長選への立候補について問われると、「白紙の状態。支持者の考えを聞いて判断する」と述べるにとどまった。

■丸刈りは「私の中のけ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら