[PR]

 リニア中央新幹線の静岡県内の未着工問題で、静岡県は3日、JR東海に「作業開始は認められない」との趣旨を文書で回答した。JR東海が2027年の開業には6月中の着手が必要としていた準備工事は、まだ時間がかかる見通し。JR東海が開業延期を近く表明するかが焦点となる。

 南アルプストンネルの静岡工区(8・9キロ)をめぐっては、工事で地下水が流出し、大井川の水量が減ると静岡県などが懸念して着工に同意せず、工期がすでに3年近く遅れている。

 JR東海の金子慎社長は6月26日に川勝平太知事と初会談し、6月中に本体工事に先立つ準備工事への着手を再三要請。川勝知事は明確な回答を避け会談は物別れに終わった。だが、川勝知事は会談後、記者団の取材に「一切認められない」と明言。JR東海は改めて川勝知事の真意を県に照会し回答を求めていた。

 県が工事を認めるにはいくつか…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら