[PR]

 大阪府警富田林署で勾留中、面会室の仕切り板を壊して逃走したとする加重逃走罪や、別の強盗致傷罪などに問われた樋田淳也被告(32)に対する裁判員裁判の判決が3日、大阪地裁堺支部であった。安永武央裁判長は同日までに計20件を有罪と認定し、懲役17年(求刑懲役18年)を言い渡した。

 判決によると、樋田被告は2018年8月12日夜、面会室で弁護士と接見後、室内の仕切り板を壊して外へと逃走。逃走中の約50日間で香川県で電動ひげそり1個、山口県で文庫本計9冊などを盗むなどした。

 安永裁判長は量刑理由で、警察…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら