[PR]

 警視庁は3日、蔵前署で宿直勤務中に飲酒したとして、同署交通課長の男性警視(56)を減給(100分の10)3カ月の懲戒処分とし、発表した。警視は同日、依願退職した。

 人事1課によると、警視は6月26日午後8時~10時半ごろ、宿直の責任者として勤務中、同署1階の自席で、焼酎をマグカップで3杯飲んだ。聞き取りに対し、「前日に眠れず、体調不良でイライラしていた。今回が初めてだった」と説明しているという。

 同8時半ごろから留置場を見回った際にTシャツにサンダル姿など様子がおかしかったことから、別の署員が上司に連絡。同10時半ごろに署長や副署長も駆けつけ、飲酒検知の結果、アルコールが検出された。別の署幹部が宿直に入り、業務に支障はなかったという。