[PR]

 外食大手のペッパーフードサービスは3日、ステーキチェーン「ペッパーランチ」事業を投資ファンドJ―STARに約85億円で売却すると発表した。年内に「いきなり!ステーキ」を中心に計188店を閉店し、希望退職も募る。急激な店舗拡大に新型コロナウイルスが重なり、事業縮小に追い込まれた。

 ペッパーは2013年にいきなり!ステーキを出して急成長した。短期間での大量出店で客の奪い合いが起き、業績が悪化していた。今年2月にはいきなり!ステーキ74店を閉店する方針を表明し、今回、さらにほかの店を含め114店を閉めるという。

 いきなり!ステーキは昨年末時点で490店を展開していたが、今回の閉店で4割近く少ない約300店になる。閉める店の従業員らを対象に約200人の希望退職者を募る。対象者は全従業員の25%に当たる。

 またペッパーは、米国でステーキ店を展開する子会社について、米連邦破産法による清算を申請し、米国から撤退する。「経営資源をいきなり!ステーキ事業を中心とする外食事業に集中投入して、経営基盤を立て直す」としている。(若井琢水)