[PR]

 新型コロナウイルス対策を担当する西村康稔経済再生相は3日の記者会見で、東京都内の新規感染者が2日連続で100人を超えたことを受け、小池百合子知事と電話で協議したことを明らかにした。「高い緊張感をもって警戒すべき状況だという認識を共有した」と説明。緊急事態宣言を再び出すことについては改めて慎重な姿勢を示した。

 記者会見には、政府の専門家会議の副座長で、新設される分科会の会長に就任する尾身茂氏が同席。西村氏は会見で、医療提供体制や検査体制などが確保されていることを挙げ、「緊急事態宣言を発出するような状況にないと尾身氏と確認した」と述べた。

 西村氏は、小池氏をはじめ埼玉、千葉、神奈川といった首都圏の知事と近く会談し、感染拡大防止策などについて意見交換する考えも示した。