[PR]

 2020年3月期決算の上場企業で、1億円以上の報酬を受け取った役員は239社の488人となり、8年ぶりに減少した。これまで増加傾向にあったが、新型コロナウイルスに伴う業績悪化で、過去最多だった前年の281社571人から大きく減った。

 調査会社の東京商工リサーチが、有価証券報告書をもとに3月期決算の企業についてまとめた。

 最高額は住友不動産の高島準司元会長の22億5900万円。基本的な報酬は6500万円だが、昨秋亡くなった際に退職金が支払われた。ソフトバンクグループのマルセロ・クラウレ副社長の21億1300万円、武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長の20億7300万円など、外国人6人がトップ10に入った。

 1億円以上の役員報酬の開示は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら