[PR]

 熊本市内で交通死亡事故ゼロの日数が108日間を超え、平成以降で最長になった。今月2日現在で116日になり、記録を更新している。熊本県警は新型コロナウイルスの感染拡大による移動の減少が背景にあるとみている。

 県警によると、市内では3月9日~6月25日の109日間、交通死亡事故がなかった。これまでの記録は2017年5月2日~8月17日の108日間だった。

 今年の市内の交通事故による死亡者数は6月30日時点で3人で、前年同時期より9人減った。交通人身事故件数も前年比229減の761件。県全体でも死亡者数は減っており、6月30日までに22人で前年同時期より8人減った。県全体では5月9日~6月10日の33日間、交通死亡事故が起きておらず、平成以降で最長となった。

 県警交通企画課の堀田博士(ひ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら