[PR]

カイシャで生きる 第39話

 損害保険の大手、損保ジャパン。その人事部で働く今(いま)将人さん(43)は、障がい者や性的少数者への理解、活躍推進を担当している。

 体の構造は女性だ。けれど、こう言う。

 「私は女性ではない。男性でもない」

 「女性と男性しか存在しないとされる価値観の社会では、私は、『存在しない』」

 そのことで、いままで、イヤというほど苦しんできた。

拡大する写真・図版今将人さん。「黒などの強い色が好きです」。背景は、性的少数者の象徴である「レインボーフラッグ」=東京・新宿の損保ジャパン

 大学生のころ、会社員になりたかった。でも、ありのままの自分を受け入れてくれる会社はあるのだろうか。そう思い続けてきた、ひとりの人間のストーリーである。

 今は、奈良県で育った。

 すべての始まりは5歳のとき、保育園で似顔絵を描く時間だった。

 「似顔絵の背景はピンクか青の絵の具で塗ってね」と先生は言った。今は青く塗った。ピンクより青が好きだから。だが、絵を見た先生に言われた。

 「男の子が描いた絵だと思った」

 大人たちが期待する「女の子」としての自分と、ありのままの自分にギャップがあることに、はじめて気がついた。

 家の近所で戦隊ヒーローのショーがあった。戦隊ヒーローは5人でスーツは5色。赤、青、黄、緑の4色が男、ピンクは女だ。ショーは、ピンクが悪者につかまり、レッドが助ける、という話だった。今は思った。

 〈女性は弱いもの。そして、強い男性に助けられるものなんだ。私は女じゃない〉

 だったら自分はどう振る舞えばいいのだろう。悩み、苦しんだ。

出席名簿は男女別

 小学校に入学した。毎日が苦痛だった。なぜなら、出席をとるとき、名簿は男女別だったから。まず男子が呼ばれ、つぎに女子の名前が呼ばれる。女子の名簿が呼ばれ始めると、すぐに今の番がくる。

 〈女子の中にある私の名前なんて、聞きたくない〉

 小学校の教室で、仲のいい男の子に、「男のように振る舞いたい」と話した。彼が、かんでいたガムを道ばたにペッと吐き捨てた。今は言った。

 「そんなことしたらダメでしょ」

 彼は言う。

 「男のようにしたいんなら、こ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら