[PR]

 気象庁は4日午前4時50分、熊本県と鹿児島県に大雨特別警報を発表した。数十年に一度の大雨で、既に災害が発生している可能性がきわめて高いとして、命を守るための行動を呼びかけている。

 気象庁によると、熊本県球磨村の球磨川の下流で水位が高くなっており、一部ですでに水があふれ出しているとの情報があるという。梅雨前線が九州に停滞していることから、同日昼前まで非常に激しい雨が降り続きそうだという。