拡大する写真・図版氾濫危険水位を超えた水俣川の新水俣橋付近=2020年7月4日午前2時24分、熊本県水俣市天神町2丁目、奥正光撮影

[PR]

 熊本県南部は3日から激しい雨に見舞われ、気象庁は4日未明、大雨特別警報を出した。県南部では土砂崩れや浸水が相次いでいる。

 水俣芦北広域行政事務組合消防本部によると、熊本県芦北町女島で4日午前4時前、土砂崩れが発生して住宅に土砂が押し寄せた。80代の女性を救出して病院へ搬送したが、意識はあるという。県警芦北署によると、このほかにも数カ所で土砂崩れが起きたという情報がある。

 同県水俣市中心部の新水俣橋では水俣川の水位が氾濫(はんらん)危険水位を超え、橋の上を走るトラックや乗用車に濁流が迫っていた。(奥正光)