[PR]

 東京都知事選が5日に投開票を迎える。新型コロナウイルスの感染拡大が収まらず、選挙活動が限られるなか、候補者の訴えはどこまで有権者に届いているのか。4年前の前回選挙で、話題になった過疎地と若者を訪ねた。

町の高齢化率は5割超

 2016年の都知事選では、主要候補が多摩地域に続々と入り、都市部との格差解消をこぞって訴えた。神奈川県湯河原町の別荘に公用車で通ったことを追及され、辞職した舛添要一前知事が「奥多摩より早く都庁に戻れる」と発言したためだ。東京最西端の町・奥多摩町には、新顔だった小池百合子氏も訪れた。

 それから4年。候補者の声が響かない町内はいま、コロナ禍の影響が大きく出ている。

 居酒屋を営む村木喜美子さん(71)は「客の大半は登山帰りの観光客。コロナは大打撃」。都知事選では経済対策に注目するが、「候補者の声がないから実感はない」とつぶやく。

 町内の飲食店を応援するクラウドファンディングの発起人で、自身も宿泊施設や食堂を運営する小林利男さん(62)は「5年後、10年後の東京を見据えている人に一票を投じたい」と話す。

 町内は新型コロナだけでなく、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら