熊本、13人が行方不明 土砂崩れで2人が心肺停止

奥正光 伊藤秀樹
[PR]

 熊本県は4日、同県津奈木町で起きた土砂崩れで住宅が流され親子3人が行方不明となり、このうち2人が心肺停止状態で見つかったと発表した。3人は夫(85)、妻(83)と息子(58)。関係者によると、心肺停止状態の1人は息子とみられるという。

 また県は、この親子3人のほか、芦北町で行方不明者が12人にのぼることも明らかにした。(奥正光、伊藤秀樹)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません