[PR]

 熊本県や鹿児島県を4日に襲った豪雨の影響で、両県で被害が大きい地域で携帯電話が使えなかったり、使いにくくなったりする障害が起きている。

 総務省のまとめによると、午後6時半現在、NTTドコモは熊本、鹿児島両県の9市町村、KDDI(au)は両県と宮崎県の19市町村、ソフトバンクは熊本県の11市町村のそれぞれ一部エリアで通信障害が発生している。3社の発表では、ケーブルなど通信設備の水没や停電が原因といい、復旧を急いでいる。

 また、NTT西日本によると、熊本県の一部で固定電話やインターネットが使えなくなっているという。

   ◇◇◇

携帯電話の通信障害が出ている地域は以下の通り

 携帯電話の通信障害が出ている地域は以下の通り。

 ●NTTドコモ

 熊本県(球磨村、五木村、山江村、相良村、芦北町、八代市、水俣市)

 鹿児島県(姶良市、長島町)

 ●KDDI(au)

 熊本県(人吉市、八代市、あさぎり町、五木村、多良木町、山江村、水上村、湯前町、球磨村、相良村、錦町、津奈木町、芦北町)

 宮崎県(えびの市、西米良村、宮崎市、椎葉村)

 鹿児島県(姶良市、薩摩川内市)

 ●ソフトバンク

 熊本県(人吉市、八代市、あさぎり町、多良木町、山江村、水上村、湯前町、球磨村、相良村、津奈木町、芦北町)