[PR]

 取材中に女性を盗撮したとして、茨城新聞社(水戸市)は4日、元取手・龍ケ崎支局長の男性(51)を3日付で懲戒解雇処分にしたと明らかにした。4日付の同紙朝刊に処分内容などを掲載した。男性は社内調査に対し、盗撮の事実を認めているという。

 同社によると、元支局長の男性は在職中だった今年6月、取材中に女性のスカートの中を盗撮した。男性は4月に編集局の内勤職場から同支局に異動していた。同社の沼田安広社長は紙面で、「被害に遭われた方や関係者の皆さまに深くおわびする。県民、読者の信頼を裏切ることになり、重く受け止めている。全社員への倫理教育、コンプライアンスの徹底に取り組む」とコメントした。