[PR]

 敦賀商工会議所は、ブランド化に取り組む「敦賀真鯛(まだい)」のおいしい食べ方を増やそうと、福井県敦賀市内の飲食店や市民からオリジナルレシピを募集している。今月末まで。北陸新幹線開業を見据え、知名度アップや消費拡大を目指す。

 敦賀真鯛は、敦賀湾内の5カ所で養殖される桜色のマダイ。低水温で育つため、身がしまり歯応えが良く、さっぱりした味が特徴だ。新幹線開業に合わせ、水産関係者や市が特産の一つとしてブランド化に取り組んでいる。今回、敦賀真鯛を取り扱う飲食店を増やし、市民の知名度も高めようと、同商議所がレシピ募集を企画した。

 市内の飲食店と在住者が対象。飲食店は31日までに申し込むと、1事業者あたり10匹を上限にマダイが無償提供される。この魚を使うなどしてレシピを作り、8月末までに同商議所にレシピ案を送る。その後、同商議所がレシピ情報をまとめた冊子などを作り、観光客向けに提供する。

 市民が応募する場合は、レシピ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら