[PR]

 神奈川県箱根町湯本の温泉街に、華麗な衣装や踊りで宴席を彩る芸者衆が戻ってきた。新型コロナウイルス禍で宴席の仕事は途切れたが、舞台稽古が今月、再開された。酒のお酌や歓談の接待もする仕事だけに、お客との接し方に気を使いながら、伝統文化を守る方法を探っている。

 箱根湯本芸能組合の事務所兼稽古場「湯本見番」に2日午前、芸妓(げいこ)と呼ばれる芸者たちが着物姿で集まった。受付のシートに体温を記入。頭痛、のどの痛み、味覚の異常の有無を申告する欄もある。

 いずれも組合が先月決めた感染防止のガイドラインに基づく。「マスクは常時着用」「カラオケやダンスの接客は自粛する」「稽古場や部屋は60分ごとに換気する」などと決めた。

 午前中の踊りの稽古には芸者1…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら