【動画】静岡・吉田町で倉庫火災、消防署員と警察官計4人が行方不明=遠藤雅彦撮影
[PR]

 5日午前1時半ごろ、静岡県吉田町川尻の総合家庭用品メーカー「レック」の倉庫から出火したと警備会社を通じて119番通報があった。現場確認にあたっていた静岡市消防局吉田消防署の男性署員3人と静岡県警牧之原署の男性警察官1人と連絡が取れなくなっており、警察と消防が確認を急いでいる。

 連絡が取れなくなっているのは、吉田消防署の指揮隊員の男性(52)、救助隊員の男性(45)、救助隊員の男性(38)と牧之原署の男性警察官1人。牧之原署によると、4人は午前2時ごろ、内部を確認するため倉庫内に入ったとみられ、午前2時17分ごろから無線で連絡が取れない状態だという。

 消防によると、現場の倉庫はのべ約7千平方メートル。内部には、掃除用のスポンジや重曹、クエン酸などが保管されていたという。

 工場近くに住む男性(75)は、午前2時ごろ、サイレンの音で気づき、2階の窓から現場を見たという。「消防隊員が工場の北から出火した棟に入っていくのが見えた。扉からオレンジ色の火が見え、煙が上がっていた」と話した。

 現場は東名高速吉田インターから南東へ約5キロで、周囲には住宅地も広がっている。倉庫を保有するレック(東京)は、殺虫剤「バルサン」などを製造している。