拡大する写真・図版古畑奈和さん(C)Zest,Inc.

[PR]

 昨年、初めてセンターを経験し、すごく楽しんだ期間でした。有頂天ということではなく、立ちたいってずっと言っていたセンターになれたことが、うれしくて楽しくて。だから、「センターはこうあるべきだ」ということは、絶対考えないと決めていました。

 マイナスなことを考えたら、いくらでも出てくると思うんです。でも、そうするとセンターに立つことが自分の中で難しくなってしまうし、良くない方向に転がる気がして、とにかく楽しむことに徹していました。

 もちろん考えなきゃいけない時は考えます。でもずっと考えていると視野が狭くなっちゃう。AKB48グループは卒業があるので、アイドルの時間は限られていることを考えると、楽しんでいたいと思いました。

 ファンの方が喜ぶことをしたい…

この記事は有料会員記事です。残り1056文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1056文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1056文字有料会員になると続きをお読みいただけます。