[PR]

 新型コロナウイルスの影響で冠婚葬祭やイベントが中止され、行き場を失った花を届けようと、東京ミッドタウン日比谷(東京都千代田区)で毎週金曜日と土曜日に、通りかかった人たちにバラやカーネーションなどの生花を無料配布している。2日には計1500本の生花を配った。

 花の販売などを手がける日比谷花壇(港区)と農林中央金庫が6月に始めた。結婚式や卒業式といった催事の中止・延期が相次ぎ、全国各地で花の需要が激減。生産者を応援しようと、全国の生産者からガーベラなどの花を買い取り、これまで約5千本以上を無料で配ってきた。

 配布時間は金曜日が午後4時から、土曜日が午前11時から。日比谷花壇の担当者は「この機会に、家に花を飾って楽しんでみてほしい」と話す。18日まで。(大山稜)