[PR]

 文部科学省の私立大学支援事業で便宜を図る見返りに、東京医科大学の入試で次男を合格させてもらったとして、受託収賄の罪に問われた同省元科学技術・学術政策局長の佐野太被告(60)ら4人の初公判が6日、東京地裁であった。佐野元局長は「私は無実です。息子に加点されたことは全く知りませんでした」と無罪を主張。ほかの3人も起訴内容を否認した。

 贈賄罪で起訴された同大前理事長の臼井正彦被告(79)は「加点は私が勝手に指示した。佐野元局長には言っていない」、前学長の鈴木衛被告(71)は「佐野元局長とは面識もなく、加点が賄賂という認識はない」と述べた。受託収賄幇助(ほうじょ)の罪に問われたコンサル会社元役員の谷口浩司被告(49)は「佐野元局長から裏口入学を頼まれたことはない」とした。

 起訴状によると、佐野元局長は同省官房長だった2017年5月、東京都内の飲食店で臼井前理事長から「私立大学研究ブランディング事業」の選定で便宜をはかるよう頼まれ、翌6月に谷口元役員を通じて事業計画書の書き方などを助言。18年2月、同大医学部の入試で次男の点数の加算を受け、不正に合格させてもらったとされる。

 佐野元局長は18年7月、東京地検特捜部に逮捕、起訴された。臼井前理事長と鈴木前学長は容疑を認めて在宅で起訴されたが、起訴後に否認に転じた。一連の事件では、同省の川端和明・前国際統括官(59)も谷口元役員から飲食接待を受けた別の収賄罪に問われ、すでに執行猶予付きの有罪判決が確定している。

 事件をきっかけに、東京医科大が女子や浪人回数の多い受験生を不利に扱う得点調整をしていたことが発覚。文科省は18年12月、東京医大を含む計9大学の医学部で、女子を不利に扱うなどの「不適切入試」があったと認定した。(根津弥)