[PR]

 鹿児島県によると、大雨の影響で6日正午現在、鹿屋(かのや)市1万6259世帯3万2595人、東串良(くしら)町1052世帯2125人、肝付町4967世帯9873人、大崎町1318世帯2352人に避難指示が出ている。

 鹿児島地方気象台によると、鹿屋市寿で午前6時24分までの1時間に109・5ミリ(アメダス速報値)の観測史上1位となる猛烈な雨を記録。降り始めの2日午後7時から6日午前11時までの総雨量は、鹿屋市寿で847・5ミリ、鹿屋市吉ケ別府で748・0ミリ、さつま町紫尾山で707・5ミリ、伊佐市大口で617・0ミリに達した。(三沢敦)