[PR]

 気象庁は6日、福岡、佐賀、長崎の3県に大雨特別警報を出した。対象は福岡県筑後地方、佐賀県南部、長崎県の南部と北部。対馬海峡付近に停滞している梅雨前線に暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部では次々と発達した雨雲が発生。猛烈な雨が降っている。数十年に一度の災害が発生する恐れがあるとして、最大級の警戒をするよう呼びかけている。

 気象庁は6日午後3時半前後に、長崎県の大村市付近と東彼杵町付近、佐賀県鹿島、嬉野の両市付近で、1時間に約110ミリの雨が降ったとみられるとして、記録的短時間大雨情報を発表した。

 また、国土交通省遠賀川河川事務所と福岡管区気象台は6日午後3時50分、福岡県添田町の彦山川で水があふれ、道路が冠水したと発表した。