イラン核施設で「重大な被害」 外部の破壊活動との見方

有料記事

飯島健太
[PR]

 イラン中部ナタンズの核関連施設で2日に起きた火災について、イラン原子力庁は5日、焼けたのは濃縮ウランを作るための遠心分離機を製造する施設で「重大な被害が出た」と明らかにした。米欧メディアは外部からの破壊活動が原因との見方を強めている。

 地元メディアによると、イラン原子力庁の報道官は5日、「現場は、より先進的な遠心分離機を製造・設置するための建物だった」と述べ、2018年に稼働が始まった新しい施設だったと明らかにした。複数の精密計測機器が大きな被害を受け、核開発に中期的な遅れが出るという。当初は「建設中の格納庫」と説明していたが、修正した。

 英BBCによると、ナタンズ…

この記事は有料記事です。残り550文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!