[PR]

 次期衆院選の投票率を「10%」幅アップすることを目指し、野党議員が有権者に運動への賛同を求める署名集めを始めた。野党共闘の旗振り役である無所属の中村喜四郎衆院議員が発案。活動を通じた各議員の後援組織拡大や野党共闘へ向けた連携強化が狙いだ。

 「投票率10%アップを目指す国民運動」と銘打った署名集めは、6月末から開始。運動の本部長には、立憲民主党の枝野幸男代表が就任。共産党の志位和夫委員長や社民党の福島瑞穂党首も、副本部長として名を連ねる。国民民主党議員も含め、野党議員約140人が参加する。

 運動の趣意書では「長く続く強権的な政権のもと、他に選択肢がない状況の中、多くの国民が政治をあきらめ、絶望させられてきた」と指摘。そのうえで、バランスの取れた民主主義を回復させるためとして、「投票所から遠ざかった有権者に、民主主義を守る闘いの共同戦線に戻っていただく」と訴えている。

「後援会組織つくる手がかりに」

 当面の目標は、自民党の党員数に並ぶ109万人に設定。1カ月ごとに中間集計を行い、各議員が競い合う形をつくる。

 運動の事務総長を務める中村氏…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら