[PR]

 飼い犬の管理を怠って他人に危害を加えたとして、千葉県警銚子署は6日、銚子市の無職の男(53)を過失傷害や千葉県動物の愛護及び管理に関する条例違反(係留義務)などの疑いで千葉地検八日市場支部に書類送検し、発表した。容疑を認めているという。

 署によると、男は自宅内で闘犬種のアメリカンピットブルテリア(体長約1メートル)を飼っていたが、5月15日、玄関を開ける際に鎖などでつないで管理する義務を怠り、逃げ出した同犬が近くの女性(67)の自宅敷地に侵入、腕や腹にかみつき全治約40日の重傷を負わせた疑いがある。女性は10日ほど入院して退院したという。同犬は女性が抱いていた小型犬のトイプードルにもかみつき、数日後に死亡させたという。

 男はほかに、狂犬病の予防接種の義務を怠ったとして、狂犬病予防法違反容疑でも書類送検されている。(小木雄太)